ウナギの浮き釣り


ウナギ浮き釣りを紹介しましょう。

ウナギ釣りはブッコミ釣りが一般的ですが、釣り場によっては浮き釣りでウナギを狙うことができます。

ブッコミ釣りは待ちの釣りですが、浮き釣りは流れに乗せてエサを移動させながら釣ることができます。

より広範囲にウナギを探ることができると言え、ブッコミ釣りよりは積極的な釣りになります。

竿の長さはフィールドによって得られますが、狭い場所でなければ5〜6メートル程度が使いやすいでしょう。

仕掛け全体の長さは、竿の長さと同じか短めにしておきます。

竿の長さよりも長めの場合、掛かったウナギを取り込むのに苦労します。

仕掛けはいたってシンプルで、メインラインは3〜4号。

浮きゴムで浮きを固定し、道糸の先にスナップ付サルカンをつけます。

ガン玉やカミツブシなどのオモリは浮きの負荷に合わせて取り付けます。

ウナギ浮き釣りで使用する針はブッコミ釣り同様に糸付の針を使用し、交換が簡単にできるようにしておきます。

ハリスは3号程度を使用し、掛かったウナギは基本的に抜きあげます。

浮きは電気浮きを使用するか、ケミホタルなどが装着できるものを選択します。

浮き下の調整は、ちょうどハリス分が底をはうようにします。

あとは、投点を変えながら流れ乗せて広範囲を探ったり、足元を探ったりしてウナギを探していきます。

ブッコミ釣りの傍らでウナギの浮き釣りをすると効率的です。

ウナギ浮き釣りのアタリは、浮きが沈んでジッとしているか、ゆっくりと浮きが移動していきます。
posted by ラテスJP at 17:39 | ウナギの浮き釣り
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。